ようこそ!民主主義科学者協会法律部会(通称:民科/民科法律部会)へ

2015年10月31日 日本民主法律家協会「第46回司法制度研究集会」のご案内

+…【 日本民主法律家協会 第46回司法制度研究集会のご案内 】…+

第46回司法制度研究集会「日本の司法と大学を考える」

 「文系学部廃止」を打ち出した6.8文科相通知は、国家による
学術統制、大学の自治破壊ではないかと、社会に衝撃を与えま
した。法学部はどうなるのでしょうか。
6月30日付法曹養成制度改革推進会議決定は、弁護士激増の弊
害を顧みず司法試験合格者1500人以上とし、司法試験合格率の
低い法科大学院は切り捨てて「合格率7~8割」を実現し,上位
の法科大学院だけを守ろうとしています。法曹志願者や法学部
進学者は年々激減していますが、このような政策で法曹や法学
部の魅力は取り戻せるでしょうか。
いま大学・大学院・法曹界で何が起こっているのかを、研究者、
弁護士、市民が共有し、危機的状況をどのように克服していく
べきかを共に考えましょう。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本の司法と大学を考える
──法曹養成と法学教育・研究の現状と課題──
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時:2015年10月31日(土)13:30~17:30
会 場:プラザエフ 8階・スイセン(東京・四谷)
参加費:資料代1,000円

+……‥……………【 プログラム 】……‥……………+

1:30 ◆開会

1:35 ◆主催者挨拶/理事長 森 英樹

1:40 ◆報告
大学政策と人文・社会科学
──6.8文科相通知をめぐって
小森田秋夫氏
(神奈川大学教授)
(日本学術会議第1部長=人文・社会科学分野)
2:20 ◆報告
法曹養成制度改革の現状と問題点
──弁護士激増の顛末と法科大学院の未来
森山文昭氏
(弁護士、愛知大学法科大学院教授)
3:00 ◆報告
孤独なひとり芝居から希望の持てる協働の場へ
── 自治の観点から考える
戒能通厚氏
(名古屋大学名誉教授)
(早稲田大学名誉教授)
─ 休 憩 ──

3:55 ◆質疑応答・会場発言・討論
5:20 ◆まとめ、閉会挨拶
司法法制度委員会副委員長 新屋達之
5:30 ◆終了予定

+……‥…………………‥………………………………‥……+

☆~☆★☆ 詳しいご案内ならびにお申し込み ☆★☆~☆

・詳しいご案内は、ホームページに掲載のチラシをご覧ください。
参加を希望される場合には、上記チラシをダウンロードしていただき、
必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。

・ご質問・お問い合わせは、下記・本部事務局までご連絡く
ださい。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
日 本 民 主 法 律 家 協 会
月刊「法と民主主義」
本部事務局 織田かおり
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-14-4 AMビル2階
TEL 03-5367-5430
FAX 03-5367-5431
URL http://www.jdla.jp/
Email  info@jdla.jp

Copyright © 民主主義科学者協会法律部会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.